珊瑚のカラーをチェック

珊瑚のカラーをチェック

珊瑚のカラーをチェック 珊瑚はそのまま放置しているとホコリがたまってしまい劣化して脆くなることがありますから、保管方法を誤ってしまうとせっかくのきれいな形や色がダメになってしまいますが、劣化をできるだけ抑えられるオススメの珊瑚保管方法にはどのようなものが珊瑚は希少価値が高く、古くから貴重な宝石として知られています。そのため、偽物が出回ったり、天然であっても希少価値の低いものが加工されていたりする場合が多いものです。自分で珊瑚の価値を判断するためには、色味でチェックする方法があります。
珊瑚の色の評価は5段階あります。薄いピンクから濃い血のような色味のものまで幅広い色を持ち、中でも高知県、土佐湾で採れるものは暗い赤色で世界的にも希少価値が高く最高級品とされています。さらに色味や色むら、キズなどによって「S」が最上級、そこからA、B,C、Dとランクが分かれます。
ただし、珊瑚は色が不透明で素人には価値を判断することが難しく、価値を正確に判断するためには専門の目利きが必要になります。色ムラや「フ」と呼ばれる白い斑点や模様がないものが高値で買取られる傾向があります。手元にあるがどれくらい価値があるのかわからない時や、手放しを検討している時は、専門の買取店へ依頼することをおすすめします。


珊瑚は形状しかいじれない

珊瑚は形状しかいじれない 珊瑚は自然の産物であるため、種類によって異なりますが1年に1~10cmほどしか成長することがありません。そのため大きなものはそれだけ長い時間をかけて育ったものですから、貴重なものだとされています。海からひきあげられた珊瑚は、形が良く色が美しい場合は原木のままインテリアとして飾られることがあります。その時は輝きを出すために、表面を削ることによって光沢を出します。宝飾品にするときも、削ることによって加工をするため、形状しかいじることができません。
元々の形を残しながら加工をしていくので、それぞれ色も違いますし、ムラや模様なども異なるので、1つとして同じものがないのが特徴でもあり魅力にもなっています。さいきんでは珊瑚の収穫量が激減しており、育つスピードが遅いためこれからも豊富に収穫できないことが予想されます。その一方で需要は高まっていますから、珊瑚の価値は高くなっています。使わないものが家に眠っているのであれば、査定を依頼して買取りをしてもらうことをおすすめします。