初心者のための珊瑚情報サイト

オススメの珊瑚保管方法

オススメの珊瑚保管方法 珊瑚はそのまま放置しているとホコリがたまってしまい劣化して脆くなることがありますから、保管方法を誤ってしまうとせっかくのきれいな形や色がダメになってしまいますが、劣化をできるだけ抑えられるオススメの珊瑚保管方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
成分がカルシウムであるため酸に弱いですから触るときも手の汗などをつけないように取り扱いを行い、汚れなど水分を含むタオルなどで取り除いた場合はしっかりと乾燥させてから直射日光の当たらない場所に保管し、できれば桐の箱など虫がつかない場所に入れるのが適切です。
ある程度湿度はあった方が良いので、乾燥剤などをいれる必要はありません。
室内の温度が高くなるエアコンや暖房器具の側や温風が当たる場所などに置いてしまうと良くないので、温度変化があまりない場所を保管場所にしましょう。
しまい込んだままにせず時々は手入れをした方が良いですが、ずっと放置してしまい取りだすこともなくなっているのであればもったいないですから、買取店に依頼して引き取ってもらうのも一つの方法です。

珊瑚は日光に当てすぎないようにしましょう

珊瑚は日光に当てすぎないようにしましょう 珊瑚が育つ時に、ある程度の紫外線が必要だという説が認知されるようになりました。
しかし海から引き揚げられた珊瑚には、それ以上、日光をあてても色を発することはありません。
それどころか、日光をあてるということは紫外線をあてることになりますから、あてすぎることになると劣化が進む可能性があります。
物は紫外線に当たりすぎると劣化を進ませるものがほとんどで、それは珊瑚も例外ではありません。
劣化が進むと色褪せてしまったり、穴があいて傷んでしまうことがあります。
そうなると価値が下がってしまいますから、普段使用しないときは、日光があたりすぎない風通しのよい日陰の場所で保管をしておくことがよいといえます。
保管状態が良ければ、本来の美しい赤を長く楽しむことができます。
ただ、保管が難しかったり、これから使用をしないいう場合は状態が良い今のうちに買取りをしてもらうことも1つの手段です。
珊瑚は神秘的なものとして富裕層を中心に人気がありますから、買取りしてもらえることが多いです。