珊瑚が色褪せることはあるの?

珊瑚が色褪せることはあるの?

珊瑚が色褪せることはあるの? 珊瑚はそのまま放置しているとホコリがたまってしまい劣化して脆くなることがありますから、保管方法を誤ってしまうとせっかくのきれいな形や色がダメになってしまいますが、劣化をできるだけ抑えられるオススメの珊瑚保管方法にはどのようなものが珊瑚は3月の誕生石としても知られ、女性が身に着ける機会も多いアクセサリーでしょう。ですが、炭酸カルシウムを主成分とする珊瑚は、きちんと手入れをされないと色褪せることがあります。珊瑚は水や熱、そして汗にとても弱いものだと知っておいてください。アクセサリーとして身に付けた後やわらかな布などで拭かずに保管してしまうと、汗などの酸で表面が傷んでしまい白く色褪せるのです。帰宅したら眼鏡拭きやセーム皮などのやわらかな布などで良く表面を拭きとってから保管するようにしてください。もしもこれらの布が無い場合は、ティッシュペーパーでも大丈夫です。
夏の暑い時期に汗を沢山かいたときなどは少し湿らせた布で汗を拭きとり、その後に水分も残さないように乾拭きを忘れずに行いましょう。もう身に着けることがなくなった珊瑚を買取りしてもらいたい場合、色褪せていても絶対に自分で磨いてはいけません。白く色褪せするのは本物である証なので、専門店に相談してから買取を依頼しましょう。

珊瑚の経年劣化

珊瑚の経年劣化 珊瑚は生物から生まれた宝石なので、他の鉱物に比べると耐久性が弱めです。生物の段階では紫外線や塩分を始めとして、強い光や極端な温度の水に触れると劣化します。宝石状態の珊瑚もこれらに弱いので、光や温度変化が起こる場所に保管していると経年劣化は避けられません。具体的には変色したり白っぽくなるなど、色味の変化が代表的な経年劣化です。
また傷が付きやすく欠けることもあるので、取り扱いには細心の注意が必要です。しかし状態の良い物であれば、思い掛けない高値で買取してもらえる場合もあります。発色が良く劣化具合が少ない珊瑚は、やはり人にとって魅力的な宝石の一種です。珊瑚を所有していて保管に自信がなければ、買取で引き取ってもらった方が良い場合もあるでしょう。買取なら適切に査定してくれますし、売却後は丁寧な保管で経年劣化を防いでくれるので安心です。プロに任せれば貴重な宝石が価値を損ねる心配はなくなるので、そういった選択も一つの手となります。